エーツー美容外科

包茎手術、包茎治療、切らない長茎術、亀頭増大術、早漏治療はエーツー美容外科へ

形成外科・AGA発毛再生・男性美容 エーツー美容外科 全て男性スタッフで安心!男性の悩みはエーツーにお任せください!
年中無休24時間対応しております。お気軽にご相談ください。 ご予約・ご相談 0120-59-5155WEB予約無料メール相談LINE@

早漏防止治療

処方薬や外科治療で早漏を克服! パートナーを満足させる男へ

早漏防止治療

早漏防止治療

わずか15分で完了 処方薬・外科治療

「早漏を治したい」というご相談は非常に多くあります。
「射精までの時間を長くしたい」「彼女を喜ばせたい」「せめて5分は持たせたい」など、早漏治療をご希望されるお気持ちは、お一人お一人それぞれ違うでしょう。
早漏は男性にとって大変デリケートなお悩みです。
エーツー美容外科では早漏治療として薬剤の注入治療と、内服によるお薬のご用意がございます。
男性専門のエーツー美容外科ですので、どのようなことでもご遠慮なくご相談下さい。

早漏の2大要因

早漏の2大要因

1.物理的要因1.物理的要因

亀頭が刺激に弱い

亀頭が刺激に弱い

早漏の要因としてもっとも多いのが、亀頭が敏感すぎることです。亀頭が敏感すぎるため、わずかな刺激で射精してしまいます。

包茎

包茎

包茎ではない方は、日常生活で亀頭と着衣などとこすれて刺激に強くなり、性行為の際、射精コントロールがしやすくなるのに対し、包茎の方は、いつも包皮で亀頭が保護されているため刺激に弱く、性交時の刺激に耐えらないため早漏になりがちです。

2.心理的要因2.心理的要因

不安やコンプレックス

心理的要因

「過去の失敗」・「女性に笑われた」などのセックスへの不安や「包茎」・「短小」などのコンプレックスが心理的要因で早漏になります。このような心理的要因が重なることで、EDとなるケースもあるようです。

2種類の早漏治療法

2種類の早漏治療法

亀頭を強化する薬剤注入法

亀頭を強化する薬剤注入法

POINTPOINT

亀頭を強化する薬剤注入法

早漏治療は性感を感じる表皮と射精をコントロールする深部神経の間に薬剤で膜を形成します。これにより性感度はそのままで、形成された膜によって刺激に対して強くなるため、射精までにかかる時間が今までよりも長くなり早漏を根本から改善します。

世界初!飲む早漏治療薬

世界初!飲む早漏治療薬

POINT

POINT

世界初!飲む早漏治療薬 世界初!飲む早漏治療薬

「プリリジー」は世界初の内服による早漏治療薬です。性行為の前(1時間〜3時間前)に服用することで、射精までの時間を2〜3倍に延ばすことができます。

無料アフターケア

無料アフターケア

エーツー美容外科では、治療後も安心していただけるように万全のアフターケア体制を整えています。無料電話サポートと無料再診制度で責任をもって対応いたします。どんな細かな不安や質問などでもご遠慮なくご相談下さい。

  • 電話対応
  • 無料再診
  • お薬追加処方
  • 電話対応
  • 無料再診
  • お薬追加処方

早漏防止治療の費用

早漏防止治療の費用

エーツー美容外科では患者様にわかりやすい、明朗会計を実践しています。
診察カウンセリング時に治療内容と治療費用の詳細をしっかりと説明、掲示いたします。後になって変更追加になることは一切ありません。「最高の治療を低費用で」の信念に基づき患者様に喜ばれる医療を提供しています。

早漏治療薬処方 プリリジー 30mg 3錠 9,900円
注入治療 60,000円
早漏治療薬処方 プリリジー 30mg 3錠 9,900円
注入治療 60,000円

※上記治療費は手術費用・麻酔代・薬代・アフターケアの全てを含む金額です。
※診察・診断の結果、手術をお断りする場合がございます。予めご了承下さい。
※治療費は症状や状態、患者様のご要望により変わる場合がありますが、事前の診察カウンセリングにより確定した上で治療・手術を致しますので、後になって追加変更になることはありません。事前に手術内容の説明と必要性を丁寧に患者様にご説明し、明確な費用をお伝えしております。
※当院は公的保険適用のない自由診療です。
※未成年の方は、親権者の承諾が必要です。
※表示費用は全て税込表記となっています。

お支払方法

お支払方法

エーツー美容外科では、患者様が一日でも早くお悩みを解消できるように、各種お支払い方法をご用意しております。現金によるお支払いの他、クレジットカード・銀行振込・院内ローンなど、ご都合に合った方法をお選びいただけます。

リスク・副作用・合併症について

内出血(術後)について
早漏改善治療の注射による治療をする際に、最も高い頻度で生じるリスクは、注射後の内出血です。注射後の内出血は全ての人に生じるわけではありません。内出血が生じる原因のほとんどは、注射針が偶発的に細い血管に当たってしまうことです。私達医師は注射する際、なるべく針が血管に当たらないように注意深く丁寧にさせていただいておりますが、どれだけ慎重に注射しても、内出血は生じてしまいます。
程度の軽い内出血であれば、1週間くらいでほとんど消えてしますが、運悪く強い内出血が出てしまうと、消えるまで2~3週間程度かかることがあります。また、なるべく内出血を生じないようにするためには、私達医師が丁寧に治療することはもちろん、注射した当日は熱いお風呂に長時間浸かったり、サウナに入らないこと、激しい運動はしないこと、お酒を飲みすぎないこと、注射した部位を必要以上に触らないことなどが大切です。
アレルギーが生じる可能性について
当院では、注射用ヒアルロン酸は比較的アレルギー症状の出にくいものを使用しております。そのため、ヒアルロン酸注射後にアレルギー症状が出ることは滅多にありません。しかし、患者様の体質によっては、アレルギー症状が出る可能性は0ではありません。ヒアルロン酸自体は元々体内にも存在する物質であるため、ヒアルロン酸そのものに対してアレルギーが生じることは考えにくいのですが、ヒアルロン酸製剤の基剤にアレルギー反応が起こる可能性があるからです。
どんなお薬でも、使う人の体質によってはアレルギーが生じる可能性があるように、どんなヒアルロン酸注射でもアレルギーが生じる可能性があります。もし、アレルギー症状が出る場合は、注射後数分から数時間後に注射部位が赤く腫れ上がってくることが多いです。数時間以内にアレルギー症状が現れなくても、数時間以上経過してから症状が現れる可能性もなくはありません。万が一アレルギー症状が現れた場合、ヒアルロニダーゼで注入したヒアルロン酸を分解させるなど、最善の処置をさせていただきます。
注入後の感染について
ヒアルロン酸注射のリスク、副作用に、注入後の感染があります。当院では、ヒアルロン酸注射をする際、注入部位の皮膚を消毒し、無菌操作下に行います。また、使用するヒアルロン酸製剤は、滅菌処理済みで使用期限内のものを使用しています。
他院で行われているような、1本のヒアルロン酸を1回で使い切らず、余った残りのヒアルロン酸を取り置き保管し、後日また同じ患者様に残りのヒアルロン酸を注射するようなことは、当院では致しません(これを行うと、保管中に雑菌が繁殖し、注入時に感染症が起こる確率が上がるため、基本的にヒアルロン酸メーカーも推奨してません)。1本のヒアルロン酸を複数の患者様に使い回したりすることもありません(これも感染症を起こす可能性があるため、メーカーは推奨していません)。厳重な無菌管理下にヒアルロン酸注射を行えば、感染症を起こす可能性は極めて低いです。
しかし、どれだけ厳重に無菌管理下にヒアルロン酸注射を行っても、感染症を起こす可能性は0ではありません。ヒアルロン酸注射後に感染症を起こす場合、注射当日から数日くらいで注入部位が赤く腫れて痛みが出てくることが多いです。万が一感染症を起こした場合、抗生剤の投与等、最善の処置をさせていただきます。
過度に触ったり揉んだりすると腫れる可能性について
ヒアルロン酸注射のリスク、副作用に、ヒアルロン酸注入後間もない時期に注入部位を過度に触ったり揉んだりすると、注入部位が腫れてくる可能性があるということがあります。ヒアルロン酸は、注入してからその部位の皮膚や組織にある程度馴染んでくるまで2~3日かかります。
そのため、ヒアルロン酸注射後2~3日の間に過度に注入部位を触ったり揉んだりすると、注入部位の皮膚や組織に炎症が起こり、腫れてくることが稀にあります。時々、患者様で、ヒアルロン酸注射後に注入部位が気になって気になって、注射当日や翌日に必要以上に触ったり揉んだりしてしまう方がいらっしゃいますが、その場合、触ったり揉んだりする事が、度が過ぎると腫れてくることがあります。美容整形した部位が気になる気持ちはわかりますが、気にし過ぎていじりすぎたりするのは逆によくありません。
もし、触りすぎたり揉みすぎたりして腫れてきた場合、感染などが起こっていない場合は、数日程度安静にしていれば腫れは引いていくことが多いです。

まずは相談!男の悩みはエーツーへ 親切・丁寧に男性スタッフが対応します。お気軽にご相談ください。

新着情報

WEBサイトからもお問い合わせいただけます。

WEB予約無料メール相談無料メール相談
ページトップ